SPECIAL INTERVIEWスペシャル対談

コロナをきっかけに
見直される地方の在り方

弘兼
感染予防対策にワクチンにと、まだまだコロナで大変な世の中が続きますが…
吉村
新型コロナは未知のウイルス。答えがないんです。その答えがない中で、どのように方向性を示していくかが重要。そのために大切なのは、良い情報も悪い情報もできるだけオープンにすること、だと思っています。
弘兼
情報の共有ですね。
吉村
そうです。ある意味そういったリスクも共有して結論を導き出す。そのプロセスを大切にしてきました。きちんと情報を共有し、感染された方々にも協力していただき、コロナという未知のウイルスにみんなで立ち向かっています。
弘兼
このコロナをきっかけに政治も大きく動きましたが、ビジネスの世界も変わりました。中でもリモートワークが進みましたね。企業はどんどん進めた方がいい。コロナが収束しても非常に有効ですからね。
吉村
本当に。急速にデジタル化が進みましたからね。
弘兼
今がいいチャンスと捉えてどんどん実験的にやった方がいいですよ。新しいワーキングスタイルやライフスタイルに可能性があるんじゃないかと。「地方でもできる」という考え方を実行する新しい機会になりましたね。
吉村
日本はずっと東京一極集中できましたが、コロナをきっかけに新しい価値観が生まれました。今では、自然豊かな地方の環境でも、最先端の仕事ができています。
弘兼
世の中にインターネットが登場した当時は、これからは地方に住んでもリモート会議ができると期待されました。でも、なかなか実行するまでには至らなかった。
吉村
確かにそうですね。
弘兼
しかし今回のコロナによって、インターネット環境が急速に整い、今やリモートワークは一般に定着しています。さらには、本社ごと地方へ移転する先駆的企業も出てきていますね。受け入れる側である地方が様々な考慮を始めれば、もっと企業が中央から分散していくんじゃないかな。
吉村
そうですよね。リスクも分散されるし、仕事の効率もアップします。リモートといえば、最近出演した東京のテレビ局の番組ではメインMCも僕も大阪からリモートで出演しました。それでも全国放送が成り立つんですよね。
弘兼
ほんと変わりましたよね。
吉村
そういうことが定着するのであれば、例えば大阪の企業が他の地方で活躍するとか、どこに拠点があろうと、今までにない情報発信の在り方が可能になると思うんです。
弘兼
地域によっては、高齢者と猫しかいないようなところが多くあるんですが、こんな風にリモートで繋がることで、その地域の若者たちがわざわざ都会に行かなくても仕事ができるようになってくる。
吉村
地方にいても、うまく情報を発信するなど色々な活躍の仕方が可能になるんです。政治も同じで、地方が強くならないと日本は強くなりません。国からの補助金で何とかやっていこうというのが今の地方の在り方。でもそれでは日本も地方も沈んでしまう。補助金に頼らず地方が個性をもって独自の方法で強くなること、自分たちの足で立つ仕組みを考えるべきなんです。これは僕たち維新の会の政治のスタンスでもあります。
弘兼
昨年、「獺祭」というお酒の本を執筆しました。この酒造会社は山口県岩国市の山奥にあるんですが、革新的な手法で、いまや日本一の販売数を誇っています。地元で造って地元で飲むものだった日本酒を、東京や大阪はもちろん、アメリカやフランスでも飲まれるようにしていく。地方から世界に向けて発信しているんです。こういうことをこれからはやっていかなきゃいけない。地元に雇用も生み出されていて、地方創生というか、地方発展のためのいい例だと思うんですよね。
吉村
日本の地方には世界に誇れるものが、まだまだ沢山あると思うんです。アピールする手段がないだけで、コンテンツは本当に素晴らしいものが溢れている。それらを新しい情報技術と組み合わせて、今までになかったサービスを生み出す。これからのあるべき姿だと思っています。
弘兼
地方に働ける場所があれば、東京に集中していた人たちも地方に戻ってくることが可能ですしね。
吉村
新しいことに挑戦する人と地方の魅力をマッチングできれば、日本はもっと力を発揮できると思うんです。地方で新しいことにチャレンジすることが許される社会を、私たちは政治の面から実現しようとしているんです。
  • 日本維新の会Facebookへのリンク
  • 日本維新の会Twitterへのリンク
  • YouTube日本維新の会チャンネルへのリンク
  • 維新活動中へのリンク
  • 個人寄附についてへのリンク
  • 100本法案提出へのリンク
  • 維新政治塾へのリンクバナー
  • 大阪維新の会へのリンクバナー
  • 維新女性局へのリンクバナー

日本維新の会
〒542-0082 大阪市中央区島之内1-17-16三栄長堀ビル
TEL:06-4963-8800FAX:06-4963-8801